TOP » 任意整理で借金減額に成功した人の例 » 使い過ぎたクレカの返済を減額できた

使い過ぎたクレカの返済を減額できた

このページでは、クレカの使い過ぎによってできた借金を、任意整理によって減額できた事例をご紹介しています。

クレジットカードの功罪

現金が無くてもサインや暗証番号で決済でき、分割払いやリボ払いといった方法で、自分の資金力以上の買い物ができるクレジットカードは非常に便利な物です。

しかし、いくら使ったのかを明確にしていないと、あっという間に借金が膨らみ、返済能力を超えてしまいます。

ここでは、クレジットカードを計画的に使わなかったことで、多額の返済が生じた人たちが借金を減額させた事例を紹介します。

クレカの返済額を減額した3つの事例

【case1】176万円あった借金が半分以下に(30代・女性)

生活費のためにクレジットカードを使いはじめ、その後も新たにクレジットカードを作るなど、その枚数は増えていき、さらにその返済のためにキャッシングをするようになりました。

積もりに積もったその額はおよそ176万円。このままでは返済が不可能になると不安になり、弁護士事務所に相談。詳しく状況を聞いてみると、ある程度安定した収入があることから、任意整理によって借金を減額すれば完済可能と判断されました。

結果的に、任意整理によって176万円あった借金が半分以下の69万円まで減額された上、過払い金が30万円以上あり、月々の返済額も大幅に下げられました。

【case2】長期返済による過払い金発覚&利息カットで和解(30代・男性)

買い物の際に使っていたクレジットカードで借り入れをするようになり、さらに生活費の補填のために消費者金融から借金をしたことで、その返済期間は7~8年にも及びました。

一向に借金が減らないことから、任意整理をして一度借金を整理したいと考え、弁護士に相談したところ、長期返済によって23万円もの過払い金が発生していることがわかり、約50万円を減額。

さらに、月々の返済に加えてボーナス返済も可能ということで債権者と交渉を行ない、利息カットでの最長60回の分割返済で和解が成立。当初500万円あった借金は、341万円まで減額されました。

【case3】月15万円以上の返済額が1/3以下に(50代・女性)

クレジットカード利用による借金が350万円にも膨れ上がったことから、弁護士に相談。

ショッピング(立替金)利用がほとんどだったため、過払い金による借金の減額はありませんでしたが、無理なく返済できる金額にするため、毎月の返済に充てられる金額をもとに各カード会社への返済額を決め、業者と交渉を行ないました。

その結果、支払い回数は72回と多くなりましたが、月々の返済額が整理前の15万5000円から4万7000円(金利0%)となり、分割払いで確実に返済できる額で和解が成立しました。