TOP » 借金を減らす3つの方法

借金を減らす3つの方法

このページでは、借金を減らす方法として考えられる「任意整理」「個人再生」「自己破産」について、それぞれの概要とメリット・デメリットをご紹介しています。

借金を減らす最良の方法は?

債務整理には大きく3つの方法がありますが、その内、その方法で対応できるかは、素人にはわかりません。

各個人が抱える借金の額や返済能力を客観的に判断し、最適な返済計画を立てるためにも、弁護士への相談が必須。

お金を借りた時期によっては、もしかすると過払い金があり、それを返済の一部に充てられる可能性もありますよ。

任意整理の無料相談ができる
名古屋の弁護士事務所を紹介

借金を減らす方法#1
任意整理

任意整理とは、代理人となる弁護士または司法書士が債権者と交渉し、以降の利息をカットした上で返済額を見直すことをいいます。

借金が大幅に減るわけではありませんが、利息をカットすることで元本だけを返済すれば良くなるので、返済額を圧縮できます。

任意整理の開始以降は、元本のみを3年~5年かけて返済していくことになります。また、過払いが発生していればその分が返金されることもあります。

デメリットが少なく、無理なく完済できる方法として、債権者のほとんどが希望する債務整理の方法といえます。

任意整理のメリット

任意整理のデメリット

借金を減らす方法#2
個人再生

個人再生は、家などの固定資産を所有していることや、安定した収入があることを条件に、それらを残したまま借金を大幅に減額できる制度です。

借金額に応じて最低弁済額が設定されており、例えば借金額500万円以上~1,500万円未満であれば借金額の1/5に、3,000万円以上~5,000万円未満であれば借金額の1/10となります。

この最低弁済額を3年~5年かけて返済することで、住宅ローンを除いた残りの借金が免除されます。

なお、個人再生は完済までの返済方法をまとめた「再生計画案」を作成し、裁判所に認可してもらう必要があります。

個人再生のメリット

個人再生のデメリット

借金を減らす方法#3
自己破産

借金の返済が不可能である場合、破産申告書を裁判所に提出し免責許可を受けることで借金がゼロになる制度を自己破産といいます。

どれだけ借金があっても支払う額はゼロになりますが、家や車といった財産も没収されることになります。とはいえ、全財産を没収されるわけではありませんし、自己破産後に取得した金銭・財産は没収対象にはなりません。

なお、自己破産は無職の方や生活保護を受けている方でも申請可能です。

自己破産のメリット

自己破産のデメリット